×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LBX デクー



今回は「ダンボール戦機」より敵のヤラレメカ汎用量産型LBX、デクーをレビュー。
頼りないというか、愛嬌のあるというか、そういったデザインは目印のデクーですが、1話ではさっそくAX-00にボコボコにされてましたねw
しかしながら汎用量産型の名は伊達ではなく、素体としてのデクーは性能的な余裕があるため、様々なバリエーションが存在するとか。
取説に記述されているだけでも砲撃型、軽装型、監視型・・・いかにもザク!汎用量産型らしさが強調されてます。




フロント&リア
どこかかわいい、されど良プロポーション。パチ+シールでご覧の出来です。
頭部はドクロっぽいモチーフあるますね。



可動範囲
肘、膝ともに引き出し式のポリ関節であり90度近く曲げれます。
デクーはアキレスよりも可動性能がやや優秀です。特に下半身。




ギミック紹介
アキレス同様、胸のパーツを外すとコアメモリ内蔵。
もちろん、他のLBXに内蔵されているコアメモリと交換が可能です。





フル装備
付属武装はスキャッターガンとタイディシールド。
シールドはやや保持力に難有りですが、この辺は・・・まぁ些細ことでしょう。








以下適当に








以上、LBXデクーでした。
汎用量産型らしい、頼りないけどどこか愛嬌のあるデザインがたまりませんね。
1話では3機登場、3機ともやられてしまうなど初っ端から活躍してます。
ランナーにスイッチがあったことからバリエーション機の発売はほぼ確定と見ていいでしょう。
個人的には砲撃型が気になっているので、是非ともキット化して欲しいです

むせる(戻る)