×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

A.C.V.I MAIN CORE TYPE CREST CR-C06U5 FASCINATOR Ver.



取説の”愛”:カラーリング愛

部位 パーツ名 解説
CR-H98XS-EYE2 オートマッピング機能を有し、APや実弾防御にも優れたパーツ。
コア CR-C06U5 ミサイル迎撃率が高く、又耐久性にも優れた格納機能型。
CR-A92XS 消費ENを大幅に削減し、機体負荷を小さくした第四世代。
LH09-COUGAR2 軽量化を施したCOUGARの改修型。ミラージュの第四世代パーツ。
エクステンション FUNI マイクロミサイルを搭載。威力よりも弾数を優先させた。
バックユニットR KINNARA 拡散するマイクロミサイルを7発同時発射する。牽制の際に効果を発揮する。
バックユニットL CR-WB78RP2 重量が増加しているが、攻撃力を中心に機能が高められたパーツ。
腕部用R WR07M-PIXIE3 軽量化で全体の使い勝手は向上。常に出番がある優秀なマシンガン。
腕部用L CR-WL79LB2 攻撃力や命中時熱量も向上、総合的なバランスに優れている使いやうしパーツ。

さて、リュニーアル後初のACVIレビューです。今回紹介するのは「アーマード・コア ラストレイヴン」に登場するファシネイターです。
本キットは、頭部、コアが新規で作られており、脚部とエクステはガイアから、腕はカスケードレインジから、武器は武器セットからの流用です。
ただし、特徴的なカラーリングを再現するために流用部位も一部新規で作られている部分があります。
他のVIシリーズのキットと互換性があり、パーツの組み換えが可能です。




フロント&リア
さすがは”造形のコトブキヤ”だけあって、出来がいいです。パーツ数もすごいけど、アリーヤほどではないか。
ACの魅力って、やっぱり自由な組み換えなんだよね。このファシネイターだって、3企業のパーツ使っている設定だし。



可動範囲
まず念頭において欲しいのが、ガンプラと比較するな・・ということ。
それを踏まえた上で、肘は90度前後、腕は90度まで上げれます。パーツの特性も相まってですがね。脚部は膝立ちが可能なほど。



エンブレム
左肩には搭乗者であるジナイーダのエンブレムがタンポ印刷でプリントされています。ふつくしい・・・・。


以上、ファシネイターでした。AC好き、ジナ好きの人におすすめです。もちろん、アセンブルを楽しむためにたくさん買うのもありですよ☆
私もCR-H98XS-EYE2は気にっているのでもう1機買おうかなぁ・・・・。

戻る